リレンザと異常行動の関係

抗インフルエンザウィルス薬であるタミフルを服用した子供に、異常な行動が現れるという報告が、数年前、相次いで報告されました。
異常行動とタミフルとの因果関係については、未だにはっきりとはしないものの、平成19年には、原則、10歳以上の未成年にはタミフルの使用を差し控えるように、厚生労働省から各医療機関に通達がなされました。

厚生労働省のホームページによれば、タミフル以外の抗インフルエンザウィルス薬である、リレンザやイナビルなどでも、異常行動が現れるとされています。
しかし、タミフルと同様に、リレンザ 異常行動の因果関係が解明されていません。
リレンザは、容器から噴出される薬剤を吸って、呼吸器官からインフルエンザを治していく、「吸引式」の薬です。
口からのみ吸引するものですが、粘膜がつながっているため、鼻の症状にも効果を発揮する薬となります。

異常行動の実例としては、突然立ち上がって外に出て行こうとする、興奮状態になり、意味の分からないことを叫びながら、部屋を駆け回る、突然笑いだし、階段を駆け上がろうとするなどといった実例です。
特に、ベランダに出たり、外に飛び出すような場合には、命に関わる大事故につながるリスクが高くなりますので、注意が必要となります。

異常行動による思わぬ事故を防ぐためには、インフルエンザにかかり、自宅療養中の子供が、一人きりにならないように注意することです。
部屋で寝ている場合でも、頻繁に様子をのぞくようにしましょう。
異常行動は、インフルエンザにかかってから、2日目までに多く現れることが報告されています。
自宅療養開始から、少なくとも2日間は、大人が見守るようにしなければいけません。