インフルエンザの時にはリレンザやn95マスクを

インフルエンザに感染しないように予防接種を受けたりもしますが、冬になればマスクを使って感染予防をしている人たちもたくさんいます。これも見ているといろんなタイプのマスクの着用がありますが、より本格的な形をしているものもあるので、じっくり見てしまったという人もいるかもしれません。最近はn95マスクというものが注目されているのですが、これは元々作業現場などで粒子を吸い込まないように使われていたマスクです。他の感染症の時にも使われた実績があるので、インフルエンザでも使う日本人が増えてきたのです。

n95マスクは米国労働安全衛生研究所のn95規格を合格したマスクです。粒子を95%以上捕集出来るという事で期待されているのです。米国と言われると輸入しないと手に入らないのかと慌ててしまうかもしれませんが、日本でも販売はされているので安心して下さい。日本人でも気軽に使えるようになっていますが、きちんと密着するように使わないと隙間からウイルスが入り込む可能性がありますので注意しましょう。

感染したときにはリレンザなどの薬も処方されますが、しっかり吸入した後は静養していくことになります。眠る時にもn95マスクを使えそうなら使っておくと良いでしょう。のどが乾燥してしまうとウイルスが活動しやすくなりますから、せっかく服用したリレンザも意味がなくなってしまいます。適宜換気をする事で空気の入れ替えをして、しっかりと空気中のウイルスを撃退していきたいものです。日本人でもいろんな対策が出来ますので、リレンザなどの服用はもちろんですが、従来からのうがいや手洗いなどもしっかりして、回復するまで無理せずに静かに過ごしましょう。