リレンザで異常行動が起きないってほんと?
2014.12.16 この記事は約153秒で読めます。

インフルエンザの高熱での異常行動

気温が低くなると、インフルエンザの流行が取り沙汰されるようになってきます。
毎年恒例のことということができます。
インフルエンザの症状として、代表的なものには、高熱があげられます。
一般的には、40℃近くまでは上がるとされています。
これぐらいの高熱に見舞われた場合、時として異常行動を起こす場合があるとして、注意をよびかけています。
異常行動として、実際にあったものでは、奇声をあげたり、高いところから飛び降りたりなどと命にかかわる事態が発生しています。
このような事態を未然に防ごうということで、秋になると、インフルエンザの予防接種などを行う医療機関が多くあります。
以前であれば、小学生などの義務教育の場合は、全員に接種していましたが、現在では、希望者のみの接種になっているといわれています。
また、万一インフルエンザになってしまった場合には、直ちに医師の診断を受けるようにして、その指示に従うことが求められます。
自分自身の勝手な判断での行動は、周りの人への感染という事態を引き起こす恐れがあるとされます。
一般的に、インフルエンザが流行を迎えるのは、年明け以降とされています。
十分な知識を持ち、予防のための努力も求められます。