インフルエンザの高熱を下げるには

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで起こる重い風邪のことをいいます。
症状としては悪寒と急な発熱が多く、全身の倦怠感や関節の痛み、下痢やおう吐などが伴うこともあります。
熱は通常の風邪よりも高く、2~4日ほど発熱が続くことが多いようです。

インフルエンザによる高熱を下げる一番の方法は、抗インフルエンザ薬を服用することです。
抗インフルエンザ薬は病院で処方される薬です。
薬を処方してもらうためには、高熱の症状がインフルエンザウイルスによるものかどうかを判断しなければなりません。
このインフルエンザ検査は発症後12時間以上経っていないと、きちんとした陽性反応が出ないという特徴があります。
従って病院の受診や検査のタイミングに注意をする必要があります。
また、抗インフルエンザ薬にはいくつか種類がありますが、どの薬についても発症後48時間以内に服用し始めることが必要です。
この時間内に服用を始めることでウイルスの増殖を抑えることができ、発熱期間も短くすることができます。

他にも、高熱を下げる方法として鎮痛解熱剤が処方される場合があります。
これは38.5度以上の熱があり、倦怠感を緩和するために用いられます。
これは通常の風邪の時にも処方される薬ですので、この二つを併用することも可能です。

インフルエンザの高熱での異常行動

気温が低くなると、インフルエンザの流行が取り沙汰されるようになってきます。
毎年恒例のことということができます。
インフルエンザの症状として、代表的なものには、高熱があげられます。
一般的には、40℃近くまでは上がるとされています。
これぐらいの高熱に見舞われた場合、時として異常行動を起こす場合があるとして、注意をよびかけています。
異常行動として、実際にあったものでは、奇声をあげたり、高いところから飛び降りたりなどと命にかかわる事態が発生しています。
このような事態を未然に防ごうということで、秋になると、インフルエンザの予防接種などを行う医療機関が多くあります。
以前であれば、小学生などの義務教育の場合は、全員に接種していましたが、現在では、希望者のみの接種になっているといわれています。
また、万一インフルエンザになってしまった場合には、直ちに医師の診断を受けるようにして、その指示に従うことが求められます。
自分自身の勝手な判断での行動は、周りの人への感染という事態を引き起こす恐れがあるとされます。
一般的に、インフルエンザが流行を迎えるのは、年明け以降とされています。
十分な知識を持ち、予防のための努力も求められます。

インフルエンザ薬での異常行動の実例

インフルエンザ薬タミフル服用後に、異常行動が起きるという報道が、数年前になされました。
患者が転落死したという事例が報告されています。
平成19年3月には、厚生労働省は、予防的な安全対策として、添付文書を改訂し、注意事項を警告欄に記載して、医療機関に配布しました。
異常行動の実例としては、突然笑いだし、部屋を走り回る、興奮状態になり、意味の分からないことを言う、窓を開けて外に出ようとするなどさまざまです。

タミフルの服用と転落、飛び降り、またはこれらにつながるような異常行動や突然死などの因果関係については、明確な結論を出すことは困難であると判断されています。
しかし、現在では、インフルエンザ薬タミフルの服用の有無にかかわらず、インフルエンザ自体に異常行動の発現する場合があるということが、明確となっています。

タミフル以外のインフルエンザ薬である、リレンザ、イナビル、ラピアクタなどにおいても、これらの医薬品の服用後に、急に走り出すなどの異常行動が、報告されています。
インフルエンザにかかってしまい、自宅で療養を行う場合には、突然走りだして二階から転落するなどといったことがないように、医薬品の服用の有無にかかわらず、少なくとも2日間は、保護者の方は、小児や未成年者を1人にしないように、注意を払うようにしましょう。